妊娠したい私の記録

天使に会いたい・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まさかの培養結果・・・

D18の6/9に採卵のため、旦那様とKLCに行ってきました。

旦那様にとっては、はじめての不妊専門クリニックでの採精でしたが、割と余裕だったようで、結果、きれいな成熟卵が2つ、旦那様の精子も良好との結果が出ました。

培養士さんとの面談で、「ふりかけで良いだろう」とのことで、ふりかけでの培養をお願いしました。

結果から言うと、2つとも異常受精・・・それぞれ1つの卵子に精子が2匹入ってしまったようです。

実は私は、採卵の二日前に38℃超えの高熱を出し、体調悪い中での採卵でした。


昨日、土曜日2時の予約で培養士さんとの面談をしてきましたが、昨日は熱は下がっているものの、喉に来てしまったのか、声が枯れてしまっていました。

培養士さんとの面談は、ラウンジのある9Fの問診室で、相談時間は2時からのようで、2時の予約で待つ人がたくさんいて、私は到着が遅めだったので結局3時過ぎになって名前が呼ばれました。

培養士さんはちょっと生真面目そうな雰囲気の男性でしたが、とっても親切に話をしてくれて、私の話も聞いてくれました。

説明会の時も意外に感じたように、KLCはけっこう親身に相談に乗ってくれて、今までのように早く次の患者さんにというような様子はなく、質問があればずっと聞いてくれるような姿勢が感じられます。

最初に私は、熱が下がったものの、喉に来てしまい、声がかすれ出にくいのでとお断りをしました。そうしたら、「私も説明でたくさん話して、同じように声が出にくいところありますが、気にしないでくださいね(笑)」と仰ってくださいました。

培養士さんは、まず受精の内容を説明してくれました。

通常、受精卵の中には卵子と精子の○が2つ見えるはずが、3つ見えた、とのことで、遺伝子?の数が通常23+23になるのが、23+23+23になってしまうので、培養中止になったとのことでした。

理由として一番考えられるのは、通常、精子がひとつ入ると卵は他の精子が入らないようにするのだけれど、卵のブロック力が弱かったのかもということでした。

顕微授精なら良かったのかな、とも思いましたが、前クリニックでは卵が多かったので最初から顕微を勧められて、ふりかけは試したことがなかったので、一度受精力を確認したいと思っていたので、後悔はありませんでした。

培養士さんも顕微授精の卵子を傷つける可能性や人が精子を選ぶことよりも自然に受精する精子はいわば神様が選んでくれたようなものだから、という断りがあり、そして、どんな人にもそういう周期はあるから、次回必ずしも顕微授精が必要とは言い切れない、とのことでした。

それから採卵2日前の発熱はあまり関係ないだろうとも。

おそらく自然淘汰ということなのですね。

前クリニックでも1度の採卵、計4回で7つの移植をしましたが、妊娠しなかったのも、もしかしたらそういう周期にあたったのかもしれないし、もしかしたら、体質的に卵がブロック力が弱いのかもしれないし、これは数回やってみないと判らないですね、とのことでした。

なので次回、もし卵がたくさん取れたら、半分をふりかけ、半分を顕微授精にしてもいいだろうとのことでした。

とっても親切に納得のいく説明をしてくださいました。
さずがKLCだけあって、培養士さんが患者さんとの対応に慣れていて、スマートな対応ができるのだなと感じました(培養士K島さんでした)

それから、もう4時を回っていましたが8Fに降りて、医師の診察を受けました。

説明会の時に相談に応じてくださったY崎先生でした。

開口一番「残念だったね?」。

そして私がマスクをして声を枯らしていたので、「どうしたの?風邪ひいた?」と言われたので、「発熱が治まったら喉に来てしまい」と言ったら「喉は熱が出やすいからね」と、でも採卵には問題なかっただろうと。

そして、異常受精について、精子の濃度調整が難しい、との話もしてくださいました。

濃度が濃過ぎて2つ入ってしまったり、薄過ぎて受精しなかったり、その時々のコンディションにもよるので、難しいんだよね、とのことでした。

そして、まだ若いからきっと妊娠できる卵は採れますよ、続けてやっていきましょう!と前向きなお言葉をかけてくださいました。

遺留卵胞が邪魔するといけないからと、ソフィアAを服用することになりました。


良い培養士さんと医師との前向きな話に、気持ちも明るくなりました。

次の採卵に向けて、がんばろうと思います。

そうそう、さっそく受付で請求書をもらいました。
このままではちゃんと働かなきゃ・・・って現実に引き戻されましたが、2回目からは少しは安くなるみたいなので、次こそはという気持ちで、そこも前向きに考えたいと思います。

KLC請求額
採卵・培養迄(胚移植中止)=240,000円
その他990円、採卵時の消耗品代40,000円でした


頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!



スポンサーサイト
[ 2010/06/13 18:10 ] = KLC②周期 | TB(0) | CM(2)
今周期はどうだったのかと
すっごく気になっていたよー。
体調悪かったんだね((+_+))

そして、培養士さんの丁寧な説明。
自分でハテナを抱え込むより先にアドバイスや説明をしてくれるのはホント心強いね!

今まで私は何度「どうして?何故?」を抱え込んだことか・・・。

次への前向きなステップだよ!!!
自分を信じて、力強いサポーターの先生達を頼って、次へ繋げて行ってね!
[ 2010/06/14 10:56 ] [ 編集 ]
オスマンボーちゃんへ
やっとリセットしたので、今日これからKLCに行ってきます。

うん、オスマンボーちゃんが言ってくれるように、次への前向きなステップと考えて、今周期にちゃんと採卵ができるように、まずは体調を整えていきたいです。

また報告するね!

[ 2010/06/28 12:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ご訪問嬉しいです!
プロフィール

ひと

Author:ひと
35歳、多嚢胞性卵巣(PCO)のベビ待ちです。
転院してKLCに通院中です。年齢を気にして、入籍前から不妊治療を開始しました。治療歴は2年半。
気持ちの共有できるブロ友さんができたらいいな。同じくKLCに通っている人や近くの人がいらっしゃったら、お近づきになれたりしたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ピグもやってます!
よかったら声を掛けてね♪
ID:hitodachs

※アダルト系の勧誘や宣伝などの書込みはどうぞご遠慮ください。

記念日
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
メールもよかったら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロともになってね★(申請)
QRコード
QRコード
ブログランキング
愛犬ダックス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。