妊娠したい私の記録

天使に会いたい・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天使になったひと・・・

本日、D24です。

KLC?周期目は、タイミングということで、高温期の薬もなしなので、ストレスフリーで過ごしています。

今週初めには、ブロ友のオスマンボーちゃんと東京駅でランチデートして、楽しくおしゃべりして、ちゃんと妊娠菌もいただきました。

あ、でも、一昨日に中国製の早期妊娠検査薬をやってみたけど、真っ白だったよ。(早すぎ!?)

KLCの次の診察日は、生理が来たらD3、生理が来なかったら、5/27の予定です。

なんとなくシクシク感があったり、生理のような違和感があったりを感じる時もあったりするけど、これまでの経験上、まったく当てにならないな?と思うので、言われた期日まではあまり考えずに過ごしたいと思います。


さて、今日はタイトルにあるように、私の心にずっと残っているもう15年以上も前に亡くなった同級生のことを書きたいと思いました。

その子は、同級生の男の子、Kちゃんです。

彼は、突然に天国へ旅立ってしまいました。交通事故でした。

中学3年生で同じクラスになり、卒業して、大学時代に偶然、地元の電車で会いました。

Kちゃんは、一浪をして、その翌年にも受験に失敗して、ビジネス系の専門学校生になっていました。

私は中学時代からKちゃんには好意はありましたが、実は私の親友がKちゃんのことが好きだったので、私は淡い気持ち以上には想ってはいませんでした。

当時は、Kちゃんにも片思いしている子がいて、優等生の女の子でした。
でも、その子にも片思いしている子がいて。
結局、私たちのクラスでは、付き合っているっていうような子はいなかったかな。

Kちゃんと偶然会った時には、もう卒業してずいぶん経っていたころなので、1年半ぶりって位だったのでしょうか。久しぶりでした。

そうそう、私は一度短大を卒業して、社会人になってから大学3年次編入という経歴なのですが、当時は短大2年で、就職活動をしていました。

どうしても証券会社に入りたくて就活していた私は、たまたま彼のお父さんが証券マンだったので、「縁故入社とか出来ないかな?(笑)」なんて相談して、彼も「聞いてみるよ!」なんて言ってくれました。

その後、近く彼が専門学校の旅行でハワイに行くという話になって、「お土産買ってきて」って言ったら、「良いよ!」となどと話をして、1つ先の彼が降りる駅に到着し、さよならをしました。

それから私は彼のことが気になって、でもまた電車で偶然に!?なんてことはなかなかあることではなく、一度話がしたいと彼の家に電話をかけたことがありました。

でも彼は留守で、「折り返しさせましょうか?」とか言われたと思うけど、何か変に意識されてしまってはいけないと、「たいしたことないので」と言って電話を切った気がします。2度目は掛けませんでした。

そんなことがありました・・・



それから、ずいぶん経った頃に、ずっと会っていなかった同級生の男の子から電話があって、いきなり「Kが死んじゃった」と。ホント突然に。。

信じられないし、可哀想で、悲しくて、居たたまれず、母に頼んで車でKちゃんのお家まで行きました。

初めて行ったKちゃんのお家には、おじいちゃんとおばあちゃんがいました。

お二人ともに気丈にされていて、まだKちゃんが亡くなったとは信じられないようでした。

Kちゃんは棺に納められていて、顔を見ると、以前よりずいぶん太ったのかなと思うほどパンパンでしたが、おじいちゃんから、トラックに轢かれ、ちょうどサイドミラーが頭に当たり、腫れてしまったようだと聞いて驚きました。

Kちゃんは教習場に通っていて、たまたまキャンセル待ちが取れたようで、急いで自転車で教習場に向かっていた途中だったそうです。

後から聞いた話、現場はKちゃん家のすぐそば。
普段用心して自転車に乗るKちゃんがたまたま急いでいて、轢いたトラックの運転手もたまたま普段通らず慣れないKちゃんの家の近くの路地を通ったための事故だったそうです。

棺の中のKちゃんは、頭にぐるぐるに包帯が巻かれていて、顔もパンパンになる程に腫れていて、すごくすごく痛かっただろうって可哀想でならなかったです。


そして翌日、私は友人たちとお通夜・告別式に参列しました。

Kちゃんの棺にお別れのお花を手向けていた時、卒業以来会っていなかった女の子の同級生と隣になりました。その子は、Kちゃんと近所でした。

その時に彼女が、「Kちゃんは彼女いなかったのかね・・・?」と話し始めました。

そして、実はね、と...
「もうだいぶ前の話だけど、Kちゃんとたまたま会って話してたら、「シャネルの香水いる?」って言われたんだ。それで、「どうして?」って聞いたら、「好きな子がいて、その子にハワイのお土産を買ってくる約束をして、買ってきたんだけど、渡せなくなっちゃって、俺が持っていてもしょうがないから、お前が使うならあげる」って言われたんだ。でも、そんなのもらえないじゃない。だから、「もらえないよ」って話したんだ。」と。

え!?ってすごく動揺しました。彼女には言えなかったけど、私のことだったのかなと思えました。

普段なかなか話すことがない彼女から、たまたま聞かされた話。
Kちゃんが伝えてくれたのかな。

Kちゃんにはずっと彼女がいなかったと思います。たぶん一度も。

彼の弟が葬儀の時に、「兄貴って女気が無かったんですが、彼女もいなかったんですかね?」って誰かに聞いていましたから、たぶんそうだと思います。

私は、葬儀の際、友人席では一番先頭に、心の中では恋人だったように思いながら座りました。


それから初七日にまた彼のお家にお参りに行って。

お父さんお母さんがいらして、おじいちゃんおばあちゃんもいる中、私は偶然電車で会った時のこと、以前一度電話したこと、証券会社の就職のこと、等々、私が知っている彼の話をしました。そして、実はと、彼女から聞いた香水の話もしました。

一度掛けた電話のことはお母さんが覚えていて、あの子は折り返し電話するような子じゃないからね、たまたま電話に出れていたら良かったのに。。なんて、言ってくれました。

そして、あの子には彼女がいなかったから、そう思ってくれた人がいて嬉しいわと言ってもらえました。貴女みたいな子が彼女になってくれていたら良かったのにね、とも。

香水の話は、心当たりが無いみたいでしたが、お父さんから「少し前にKが珍しく話してきて、証券会社の仕事のことを尋ねて「俺も証券会社に入れるかな?」なんて言ってたことがあったんだけど、貴女の影響だったんだね。」と話してくれました。

彼氏の家族と仲良くなれたような嬉しい気がしましたが、肝心なKちゃんだけがもういないのだから、とても残念で、ご家族も私も名残惜しく、お別れをしました。



それから数日して、帰宅した私に母が「Kちゃんのお母さんが来て、これ預かったよ」と袋をもらいました。

中には、シャネルの香水が入っていたんです。

Kちゃんのお母さんに電話で御礼を言って、事情を聞くと、Kちゃんの部屋を片付けていたら、「テレビ台の奥に隠すようにしまってあったのよ」とのことでした。

「きっと貴女に渡したかったのだから、良かったらもらって。」と。

女の子と付き合ったことがないKちゃんが考えた女の子が喜びそうなお土産=「シャネルの香水#5」だったのかな。愛しい贈り物でした。

Kちゃんの香水は今でもお守りとして、持っています。
お嫁入りにも持ってきました。

Kちゃんは、無垢なまま、とても純粋なまま天国に旅立ちました。今では天使みたいだったと感じる人柄のKちゃんは、きっと天国に近い存在の人だったのかなって思うこともあります。

私は今、結婚をして、とても幸せに過ごせています。
だから、「見守っていてね」って話しかけることがよくあります。

そして、私はやっぱり来世でも今の旦那様とは離れたくないので、Kちゃんに「私の子供になってまた生まれ変わってきたら良いのに、そしたら、たくさん愛情を注いであげるよ」って話します。

でも、Kちゃんは生まれ変わる必要が無いくらい高層な天国の世界にいるのかもしれないな、なんて思ったり。

きっと想いだけは伝わってくれたらと、いつも忘れないよって思っています。



(私の長い昔話に付き合ってくれて、ありがとうございました。)


頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!


祭り好きの旦那様はお仕事だけど、今日は三社祭だよ!
スポンサーサイト
[ 2010/05/15 15:53 ] = KLC①周期 | TB(0) | CM(5)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/05/16 23:30 ] [ 編集 ]
天使さんからのメッセージ。
Kさんの想いが不思議な形でひとちゃんに伝わって
こうやって今、
ひとちゃんがKさんを想えることが
とっても素敵だね。
Kさんもお空で嬉しく思っているはず。

生まれてくる命、お別れする命、
どれもみな愛おしく、
どれもみな温かくて、
大きいものなんだな~。

なんてしみじみ思いました(´◇`)。
[ 2010/05/17 12:15 ] [ 編集 ]
こんばんわ お久しぶりだねひとちゃん
大切な話を聞かせてくれてありがとう
私にも弟のように思っていた男の子がいたので
ひとちゃんの思いがなんとなく通じるものがあるなあって感じたよ

オスマンボーさんが書いているように、いろんな命それぞれがとても大切で大事で尊いものだね
[ 2010/05/17 22:36 ] [ 編集 ]
オスマンボーちゃんへ
いつもコメントありがとうね!
なかなかお返事かけなくて、ほんとごめんよ!

悪阻は大丈夫かな??

またランチでもしようね!
[ 2010/06/13 16:39 ] [ 編集 ]
coucouちゃんへ
coucouちゃん、お久しぶりです!

コメントありがとうね。
お返事がおくれちゃってごめんね。

私の遠い昔の話、読んでもらえて、嬉しかったです。
久々にコメントまでもらえて、うれしいな。

まだ妊活頑張っていますが、これからもよろしくね。
[ 2010/06/13 16:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ご訪問嬉しいです!
プロフィール

ひと

Author:ひと
35歳、多嚢胞性卵巣(PCO)のベビ待ちです。
転院してKLCに通院中です。年齢を気にして、入籍前から不妊治療を開始しました。治療歴は2年半。
気持ちの共有できるブロ友さんができたらいいな。同じくKLCに通っている人や近くの人がいらっしゃったら、お近づきになれたりしたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ピグもやってます!
よかったら声を掛けてね♪
ID:hitodachs

※アダルト系の勧誘や宣伝などの書込みはどうぞご遠慮ください。

記念日
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
メールもよかったら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロともになってね★(申請)
QRコード
QRコード
ブログランキング
愛犬ダックス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。