妊娠したい私の記録

天使に会いたい・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旦那様と久々の連休

このところ月に2日程度しかお休みが無かった旦那様ですが、たまたま仕事の区切りがついて、木曜日から日曜日までお休みすることが出来ました。(出なくても大丈夫かなという会議を都合をつけて欠席してくれたようでした。)

木曜日は、今月からいっしょに行き始めた木場にあるスポーツジム(ティップネス)に行きました。(私の仕事の関係で1回840円で通ってます!)

そして、その木曜日に急にどこか旅行に行こうかということになり、金曜日から1泊旅行に行ってきました。

旦那様の仕事はなかなか先の予定が立たないので、もう少し前に判っていたら、土日も利用して、沖縄や韓国など飛行機で行ける近場もアリだったかもしれませんが、さすがに飛行機の予約は難しいので、温泉に行くことにしました。

直前だからこそということで、前日または当日にバーゲン価格になる旅行予約サイトを見つけて予約しました!(シークレット価格となっていて、チェックインの時にふと他の宿泊者の金額をみたら一人12,000円、私たちはその半額近くの一人6,600円で泊まれました!)

行先は、伊豆の土肥温泉というところ。

でも、初日はあいにくの雨。

せっかく目の前にプライベートビーチが見える露天風呂が付いたお部屋でしたが、海沿いというロケーションが災いし、ひどい暴風雨で入ることが出来ず、屋根つきの貸切風呂に旦那様と入りました。

お料理は、海の幸を期待していましたが、旅館というよりはペンションという感じだったので洋食。(旦那様はちょっとガッカリしていたかな?。味は悪くなかったです。)

そして、帰りは、伊豆・三津シーパラダイスに寄ってきました。

この日は曇りで、雨は降らなかったので、イルカのショーを堪能してきました。

イルカは海を区切った湾にいて、ショーをしていないときも見ることが出来ました。

好奇心旺盛なイルカちゃんは私が手を叩くと、興味を示して、何度も来てくれました。

すっごく可愛くて、ずっと離れられず、結局ショーも同じものを2回も見ました。

ずっと見ていると、優秀な子とちょっとドンくさい!?子が判りました(笑)

ちなみに、興味を示して私に寄ってきた子は、ショーではけして優秀ではなくて、たいして芸はしないのに、優秀な子と同じタイミングでちゃっかりご褒美のお魚をお口に入れてもらっていた子だと思いました

イルカもとっても不思議な動物ですね。

こんなふうにイルカと接したのが初めてだったので、いつかドルフィンタッチとか挑戦してみたいななんて思ったりしました。

イルカちゃん1
ショーの時以外は、海が深いのでなかなか何処にいるのか判りずらいのですが、
館内放送の音楽が鳴ると浮き上がって来ていました。

イルカちゃん2
手を叩いて、おいでと声を掛けると観察するように寄って来てくれました♪
(可愛かった?

イルカのショー
トレーナーさんの指示でいろんな芸をするのが、とっても不思議でした。
(どうやって教えているんだろう!?)

富士山
一瞬だけど、雲の合間から富士山を見ることが出来ました!



※オスマンボーちゃん、お返事遅れていてごめんね。明日、改めて書きますね!(遅くなっていて、ごめんね!)






スポンサーサイト
[ 2010/06/22 02:48 ] = KLC②周期 | TB(0) | CM(0)

まさかの培養結果・・・

D18の6/9に採卵のため、旦那様とKLCに行ってきました。

旦那様にとっては、はじめての不妊専門クリニックでの採精でしたが、割と余裕だったようで、結果、きれいな成熟卵が2つ、旦那様の精子も良好との結果が出ました。

培養士さんとの面談で、「ふりかけで良いだろう」とのことで、ふりかけでの培養をお願いしました。

結果から言うと、2つとも異常受精・・・それぞれ1つの卵子に精子が2匹入ってしまったようです。

実は私は、採卵の二日前に38℃超えの高熱を出し、体調悪い中での採卵でした。


昨日、土曜日2時の予約で培養士さんとの面談をしてきましたが、昨日は熱は下がっているものの、喉に来てしまったのか、声が枯れてしまっていました。

培養士さんとの面談は、ラウンジのある9Fの問診室で、相談時間は2時からのようで、2時の予約で待つ人がたくさんいて、私は到着が遅めだったので結局3時過ぎになって名前が呼ばれました。

培養士さんはちょっと生真面目そうな雰囲気の男性でしたが、とっても親切に話をしてくれて、私の話も聞いてくれました。

説明会の時も意外に感じたように、KLCはけっこう親身に相談に乗ってくれて、今までのように早く次の患者さんにというような様子はなく、質問があればずっと聞いてくれるような姿勢が感じられます。

最初に私は、熱が下がったものの、喉に来てしまい、声がかすれ出にくいのでとお断りをしました。そうしたら、「私も説明でたくさん話して、同じように声が出にくいところありますが、気にしないでくださいね(笑)」と仰ってくださいました。

培養士さんは、まず受精の内容を説明してくれました。

通常、受精卵の中には卵子と精子の○が2つ見えるはずが、3つ見えた、とのことで、遺伝子?の数が通常23+23になるのが、23+23+23になってしまうので、培養中止になったとのことでした。

理由として一番考えられるのは、通常、精子がひとつ入ると卵は他の精子が入らないようにするのだけれど、卵のブロック力が弱かったのかもということでした。

顕微授精なら良かったのかな、とも思いましたが、前クリニックでは卵が多かったので最初から顕微を勧められて、ふりかけは試したことがなかったので、一度受精力を確認したいと思っていたので、後悔はありませんでした。

培養士さんも顕微授精の卵子を傷つける可能性や人が精子を選ぶことよりも自然に受精する精子はいわば神様が選んでくれたようなものだから、という断りがあり、そして、どんな人にもそういう周期はあるから、次回必ずしも顕微授精が必要とは言い切れない、とのことでした。

それから採卵2日前の発熱はあまり関係ないだろうとも。

おそらく自然淘汰ということなのですね。

前クリニックでも1度の採卵、計4回で7つの移植をしましたが、妊娠しなかったのも、もしかしたらそういう周期にあたったのかもしれないし、もしかしたら、体質的に卵がブロック力が弱いのかもしれないし、これは数回やってみないと判らないですね、とのことでした。

なので次回、もし卵がたくさん取れたら、半分をふりかけ、半分を顕微授精にしてもいいだろうとのことでした。

とっても親切に納得のいく説明をしてくださいました。
さずがKLCだけあって、培養士さんが患者さんとの対応に慣れていて、スマートな対応ができるのだなと感じました(培養士K島さんでした)

それから、もう4時を回っていましたが8Fに降りて、医師の診察を受けました。

説明会の時に相談に応じてくださったY崎先生でした。

開口一番「残念だったね?」。

そして私がマスクをして声を枯らしていたので、「どうしたの?風邪ひいた?」と言われたので、「発熱が治まったら喉に来てしまい」と言ったら「喉は熱が出やすいからね」と、でも採卵には問題なかっただろうと。

そして、異常受精について、精子の濃度調整が難しい、との話もしてくださいました。

濃度が濃過ぎて2つ入ってしまったり、薄過ぎて受精しなかったり、その時々のコンディションにもよるので、難しいんだよね、とのことでした。

そして、まだ若いからきっと妊娠できる卵は採れますよ、続けてやっていきましょう!と前向きなお言葉をかけてくださいました。

遺留卵胞が邪魔するといけないからと、ソフィアAを服用することになりました。


良い培養士さんと医師との前向きな話に、気持ちも明るくなりました。

次の採卵に向けて、がんばろうと思います。

そうそう、さっそく受付で請求書をもらいました。
このままではちゃんと働かなきゃ・・・って現実に引き戻されましたが、2回目からは少しは安くなるみたいなので、次こそはという気持ちで、そこも前向きに考えたいと思います。

KLC請求額
採卵・培養迄(胚移植中止)=240,000円
その他990円、採卵時の消耗品代40,000円でした


頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!



[ 2010/06/13 18:10 ] = KLC②周期 | TB(0) | CM(2)

採卵周期&氏神様のお祭り

書きたいことはたくさんあったのですが、なかなか余裕が持てず、だいぶブログをご無沙汰してしまいました。

今日は日曜日ですが、旦那様は相変わらず仕事が忙しく、月に1、2日のお休み程度。

ひとりお留守番なので、ここぞとばかり、記録にも残したいので、少し過去に遡り記事を集中して更新しようと思います。


KLCでは、前周期はタイミングでしたが、結局きっかりにリセットしてしまい、D3に受診し、セロフェンを10+3日服用。(フェマーラは卵を1つだけ大きくするので、採卵周期はセロフェンにしましょう、とのことでした。セロフェンは初めてでしたが、クロミッドと同じだそうです。)

卵胞を測定して(6/7)、旦那様が初めて一緒に病院に行っての採卵をしてきました(6/9)。卵は2つでした。

6/7の24時、25時にスプレキュアをシュシュとして、採卵前日は排卵を抑えるためのボルタレン坐薬を18時、24時に入れての採卵でした。

その後については、長くなるので、また改めて記事を書きたいと思います。



さてさて、タイトルの通り、先週の金土日は我が家の氏神様のお祭りでした。

4年に一度の神社神輿が出る年です。(2年後には町会神輿だけは出て、その間の年は昨年参加しましたが盆踊りになります!)

旦那様は子供のころからの祭好き。出逢った当初からいつも祭の話題は頻繁に出ていましたし、職場でも旦那様=祭ってイメージの人も多いようです。

7か月の赤ちゃんがいる義妹もだいぶ前から神輿担ぎたいと義両親に相談している程で、ご近所の叔母様・叔父様方も地元で育った人はやっぱり担ぎたい!って気持ちが強いらしく、下町育ちの神輿への想い入れをあらためて実感?(笑)

私にとっては想像もつかない初めてのことで、義妹の旦那ちゃんも初めての参加なので、旦那様が町会の青年部長さんに半纏を貸してもらえるようにお願いしてくれました。(町会の睦半纏を着ないと神輿は担げないんです!)

お祭り衣装は、義妹が貸してくれたのですが、私は小柄なので、義妹のだと大きくて、旦那様に連れられ、浅草寺の近くにある祭用品店で買い揃えました。

腹掛け・股引き・半纏帯、それから地下足袋はエアー入りにしました!(旦那様も以前来ていたのがきつくて着れないということで、買い直しもし、結構高くつきました?!旦那様はエアー入りの地下足袋にえらく感心してました。笑)

半纏を羽織ると見えないけれど、鯉口は、旦那様と同じ江戸一の江戸小紋菊小柄にしました。(旦那様は女の子らしい可愛いのにしても良いよと言ってくれてましたが、私はお揃いにしたかったので。でも私の菊柄はピンク

当日は、朝8時50分に神社に集合。

義妹があかちゃんを置いて、わざわざ朝早くから自転車で私の髪を結うために来てくれました。町会への寄付の御礼にもらえる町会の睦手ぬぐいを鉢巻にしてくれて、綺麗に乗せてくれました。

はじめてのお祭りスタイルにテンションが上がりました!

昼ごろには義妹夫婦も参加して、私も神社の大神輿を担ぐことができました。(ふんどし姿の激しい猛者という感じの担ぎ手さんの間に入ると、とても神輿には届かず、つかまる程度でしたが、楽しかったです。)


実は、お祭りまでのブログを書いていなかった時期、やっぱり私は、毎日のように赤ちゃんを連れてきて、義両親の居間で昼寝したり、手伝いもせずご飯を食べて帰る義妹にモヤモヤしている日々が続いていました。

旦那様にそれを打ち明けたりもしました。自分が中心にいたい的なワガママさを子供なんだろうと、話したりしましたが、だけど結局、当然に義両親も孫を連れて来ることを望んでいる(お義父さんは孫にメロメロで、義妹が昼寝をすると抱っこ紐を着けて嬉しそうに孫を抱っこしているし、お義母さんも義妹に手伝ってほしいとは思っていないし、やってあげることに悦びを感じる人だから)から、私自身が頭を切り替えないとと思いつつ、モヤモヤとなっていました。


でも、お祭りを通じて、義妹と初めて一緒に長い時間を過ごし、元々義妹の明るく人懐っこい性格は可愛くて良いと思っていたことはあったので、今回、子供的なワガママさもその明るい人懐っこさと表裏一体とすんなり受け入れれるようになって、一緒に過ごすことでワダカマリも解くことができました。

義妹も少なからず、私のことが気掛かりであったと思うので余計、義妹が私に気を遣ってくれていたと感じました。

義妹は、お祭りが初めてな私を楽しませようと、一生懸命に私が神輿を担げるように場所を確保してくれたり、義妹が担ぐとその前に私が入れと手招きして入れてくれたり、義妹のお陰でたくさん神輿を担ぐことができました。

祭好きな自分が楽しむよりも私に気を遣ってくれていたのが、とてもありがたく、義妹が可愛い存在に感じ、とても嬉しく楽しい時間で、涙がでるような気持でした。

お義母さんから、義妹もとても楽しかったと、喜んでいたと聞きました。

それから、義妹の赤ちゃんを旦那様が神輿に乗せてあげたのを義妹はすごく喜んでいたようです。

義妹と旦那様は前日に電話で、半纏のことでケンカみたいになっていたので(江戸っ子同士という感じもあるかな?、私と義妹のことを日々話していたので、旦那様の怒りの沸点も低くなっていたかも・・・)、お兄ちゃんが自分の子供を抱っこして神輿に乗せてくれたのが嬉しかったんだと思います。

お祭りはやっぱり子供がいる家庭には、また違った意味で楽しみなイベントでもあります。

子供神輿には、後ろにぞろぞろと子供連れの人が続いて歩いていて、おじいちゃんおばあちゃんに手をひかれている子がいたり、半纏を着ながらバギーを押しているママたちがいたり、知らない人同士でに赤ちゃん披露をして交流を広げている人もいました。

やっぱり、私にも子供がいたら良かったのにな?、そしたらイベント見物が好きな実家の両親も呼んであげれるのにな、、、でも次は4年後か・・・なんて思うこともありました。

義妹の赤ちゃんはとっても可愛いです。
義妹も可愛い顔をしているし、何より私の大好きな旦那様にも似ているから余計に可愛く感じます。

ましてや、義妹にも言われますが、その甥っ子ちゃんは私をじ?っと見てくることが多くて、そして目が合うといっつもニコニコしてくれます。(モヤモヤしている自分が残念に感じるほど、赤ちゃんは純粋で美しい存在ですネ。)

旦那様に似た赤ちゃんが欲しいと思っている私はずっと、甥っ子ちゃんが旦那様に似ていくことは、哀しさというのかな、、、ずっと恐怖感もありました。

でも、氏神様のお祭りを機に、義妹と打ち解けることが出来て、もう本当に心から義妹の子供も家族としてかわいがってあげたいと思えるようになりました。(何度も落ち込んだり、立ち直ったり、ここまで結構かかっちゃいました?。今回が一番深かったかな・・・でも、私の心から発した悩み事だったと思います。)

心機一転、また妊活がんばるぞ?

祭



頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!



[ 2010/06/13 16:34 ] = KLC②周期 | TB(0) | CM(2)
ご訪問嬉しいです!
プロフィール

ひと

Author:ひと
35歳、多嚢胞性卵巣(PCO)のベビ待ちです。
転院してKLCに通院中です。年齢を気にして、入籍前から不妊治療を開始しました。治療歴は2年半。
気持ちの共有できるブロ友さんができたらいいな。同じくKLCに通っている人や近くの人がいらっしゃったら、お近づきになれたりしたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ピグもやってます!
よかったら声を掛けてね♪
ID:hitodachs

※アダルト系の勧誘や宣伝などの書込みはどうぞご遠慮ください。

記念日
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
メールもよかったら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロともになってね★(申請)
QRコード
QRコード
ブログランキング
愛犬ダックス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。