妊娠したい私の記録

天使に会いたい・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご無沙汰のご連絡

ご無沙汰しておりました。

ずっと更新が無いにもかかわらず、見に来てくださったブロ友さん、
ありがとうございます

こちらのブログから気分を変えて、amebloで綴っておりました。

よかったらこちらも読んでね
http://ameblo.jp/hitodachs/

スポンサーサイト
[ 2010/09/26 14:48 ] ♪赤ちゃん待ち記録 | TB(0) | CM(3)

卵の育ち具合と懐具合

D13でKLCに行ってきました。

本当はD10で受診だったみたいで、3日遅れでした。

内診の結果、卵がたくさん見えましたが、大きさがまだ足りないとのことで、注射をすることになりました。

フォリスチム75をブスっと

皮下注射だから揉まないようにと言われたけど、針刺されている間も、それから抜いた直後はすごく痛くて。。

2日後にまた注射して、4日後に再度内診する予定です。

ちゃんと卵ちゃんが育ってくれたら、前周期と同じD18あたりで採卵になるかな。

治療もいつまで続くのか、お金のこととか、なんだか期待できなくなっている自分が居て、期待することを避けているみたいな自分がいます

不景気が影響して、旦那様の仕事もひとつプロジェクトが終了することが決まり、2ヶ月後にはその分の収入が減ってしまうと事態も発生・・

私が働いていたころは治療費も働いているからと、今より気軽に考えられていたけど、これからは住宅ローンも早く返していきたいし、治療費だってまだまだ必要になるかもしれない。

入社早々で治療しながら出来る仕事って。。ちょっと気が重いな。

でも、がんばらないと。

D13の採血結果
E2: 77pg/ml(先生が卵が育って少し上がって来ているねって)
LH2: 25.2mIU/ml
PROG: 0.2ng/ml


今日のお会計 なし
KLC合計=328,681円

[ 2010/07/09 01:30 ] = KLC③周期 | TB(0) | CM(4)

D3 KLC通院日

ソフィアAが10日と長かったから、やっとという感じでD3でKLCに行ってきました。

16:10に到着し、採血へ。

結果待ちに1時間かかるので、診察が終わったら17:40。

約1時間半でした。

血液検査の数値が問題ないということで、採卵周期に入りましょうと、セロフェン10錠をもらいました。

ちなみに、今周期からは8Fではなく、4Fになりますので、と言われたよ。(どういうこと?

D3の採血結果
E2: 34pg/ml(先生に訊いたら100以下ならOKとのこと)
LH2: 8.6mIU/ml
FSH: 5.2mIU/ml


今日のお会計
2,570円(保険適用)
KLC合計=328,681円
[ 2010/06/28 22:30 ] = KLC③周期 | TB(1) | CM(0)

ピグ友ちゃんと浅草神社へ

今日は日曜日ですが、旦那様はお仕事。今日は仕事仲間の手伝いで、朝早くから出掛けて、帰りはAM4時ごろだそう

私はというと、最近はヒッキー気味だったので、先日知り合ったピグ友ちゃんと雷門で待ち合わせて、浅草寺と浅草神社にお参りしてきました。

ピグ友ちゃんのゆっちょさんは、遠く東北から私と同じくKLCに通っています。

日曜の浅草はとっても人が居て、選挙前でもあったので雷門の前では新党日本の荒井議員が演説していて、その後では、元巨人軍監督の堀内さんが演説を始めて、ますますの人だかりが出来ていました。

そんな中の待ち合わせでしたが、ゆっちょさんとは目が合ってすぐにお互いにそうだと判り、年が1コ違いで話も合って、お互いのお家や生活のことや治療のことなど、初対面でしたがいろいろ楽しくお話しもできました。

ゆっちょさんは、手先がとっても器用で、私のブログの愛犬の写真から可愛いマスコットを作ってきてくれました。

まさに、私の愛犬と生き写し?、びっくり!そっくりです!

以前、ブロ友のチコリンからも手作りポーチを頂いて、とってもお気に入りなのですが(→写真載せてます<2009.10.5>)、手作りって優しくてホント良いですね?。

ピンキーフェルト1
表情が、写真のピンキーにそっくりです!

ピンキーフェルト2
ゆっちょさん、ホントありがとね!大事にします!!


と・・・。(ここからは愚痴が入ります。ちょっと吐き出してしまいます・・・

最近の私について、、、ですが。

実は(といいつつ何度も書いていますので、またまたな訳ですが・・・)、義妹が毎日のように赤ちゃんを連れてくることで、、、かなり憂鬱でした。

義妹はお義母さん大好きで、私たちが同居する前から、週末とかよく夕飯を食べに来たりしていたようですが、赤ちゃんが出来てからは、ご飯を作ることが大変だったり、孫を見せたかったり、というようで、お義母さんがパート休みの日やパートに行く前、帰る頃を見計らって来ています。

日曜日の今日は、旦那くんとお出かけしたその帰りに、夕飯を食べに来るという感じで・・・。

もちろん義両親、義祖母にとって孫は目に入れても痛くない程可愛いもので、他人の私にも赤ちゃんはとても可愛いです。

でも時には、義妹がお義母さんのベットで昼寝・夕寝をしていたり(基本、手伝いはしないし、お義母さんも後片付けとかも手伝って欲しいとかも思わない人なので。)、私は旦那様がいなくてひとり上の階でご飯を食べていると、階下で家族が賑わっている大きな笑い声が聞こえてきたり、だから一人で散歩に出掛けると、今度は赤ちゃんを寝かしつけようと、普段散歩とかあまりしないお父さんが抱っこ紐で赤ちゃんを連れているのに遭遇してしまったり・・・

良くも悪くも、家族はそれ程こまかく(私のこととか)気にする感じではないので。。

先週辺りは、私も体調を崩して寝ていたので、さすがに、皆が楽しそうに夕飯食べてて大笑いが聞こえてきている中、私ひとり冷凍食品を温めて食べてた時は、ちょっと虚しかったナ。(多分、言えば仲間に入れてくれるし、ご飯は別けてくれるのです。こちらが何も言わないから良いのだろうと気にしてなかったり、あるいは余計には言わない方が良いだろうとか思っていたりするのかもだけど・・・)

旦那様が不在が多いので、そういうときは哀しい気持ちになります。

私には何もそれを邪魔する権利もないし、口を出すことではないから余計、悶々としてしまいます。

ただただ、私もそうなれたら良いなということかな。。

同居について、一度も何の抵抗も感じずにいたけれど、こんな試練(!?)があった。。かな。

よく育ってきた環境と言うけれど、私の実家は割と過保護だったのかなと、風邪をひいたと言えば、すぐにポカリスエットやフルーツをたくさん買ってきてくれたり、やいのやいのとうるさい位に心配して、、、今離れてみてその過保護さが恋しいという気持ちもあるのかな・・・

神様は、そして次に、義妹に二人目!みたいな試練も与えてくれたり!?なんて。

でもさっき、お義父さんと久しぶりにふたりきりになったら、やっぱりとっても良いお義父さんって感じて、また今度はそんな自分に自己嫌悪もあって、もっと前向きな心で家族と接しないといけないな、って思いました。

多分、私に赤ちゃんが出来たとしても、義妹やお義母さんとの関係で悩ましい事はあると思う。

でも、一生の家族だからね。

旦那様といっしょにいると癒されて、心が健全になれて、前向きでいれるんだけど。

大好きな旦那様の家族だから、いつでも大事にしないと。。。


[ 2010/06/28 04:11 ] = KLC③周期 | TB(1) | CM(0)

束の間の里帰り&愛犬の写真

だいたい月に一度、旦那様が日曜日にお休みが出来るときに、私の埼玉の実家に里帰りをしています。

今回は父の日にあたりましたが、珍しく父が欲しがっていた“ピンクのしゃれたシャツ”は見つけることが出来ず(かりゆしをいくつか候補に挙げましたが、お眼鏡に適わずで・・)、結局父が好きな不二家のショートケーキを買って行きました。

父孝行もちゃんと考えて実行しないと。

実家には、愛しい娘が待っています。
といっても、ワンコですが。
(以前、ワンコのことは綴りましたが、実家に預けているうちに、祖母に懐き、祖母もすごく可愛がってくれて癒しになっているので、引き離せなくなってしまっています。ワンコについて書いた記事よかったら読んでね(2008.07.16)>>

2006年6月30日が誕生日なので、もうすぐ4歳になります。

頑張って生きている愛しい命です(涙)


pinkybaby
まだ半年くらいだったころの写真。

pinkybaby3
この頃はやんちゃで、メガネとかいろんなものを壊してくれてました。

pinkybaby2
まだ体はそんなに寸胴では無かったです。
気付いたら胴が伸びてました(笑)

pin1
日曜日に撮った写真です。こんなに大きくなったよ!

pin2
母が美容院に連れて行ってくれて、綺麗になっていました。

pin3
旦那様が一生懸命撮ってくれましたが、なかなかじっとしていてくれなくて。

pin4
最近は私が居ても、祖母の近くにいるようになりました・・・

pin5
祖母と愛犬

pin6
全身!長い上に、最近太ってしまって。もはやカニンヘンではなく、ミニチュアです!







[ 2010/06/23 02:39 ] = KLC③周期 | TB(0) | CM(4)

旦那様と久々の連休

このところ月に2日程度しかお休みが無かった旦那様ですが、たまたま仕事の区切りがついて、木曜日から日曜日までお休みすることが出来ました。(出なくても大丈夫かなという会議を都合をつけて欠席してくれたようでした。)

木曜日は、今月からいっしょに行き始めた木場にあるスポーツジム(ティップネス)に行きました。(私の仕事の関係で1回840円で通ってます!)

そして、その木曜日に急にどこか旅行に行こうかということになり、金曜日から1泊旅行に行ってきました。

旦那様の仕事はなかなか先の予定が立たないので、もう少し前に判っていたら、土日も利用して、沖縄や韓国など飛行機で行ける近場もアリだったかもしれませんが、さすがに飛行機の予約は難しいので、温泉に行くことにしました。

直前だからこそということで、前日または当日にバーゲン価格になる旅行予約サイトを見つけて予約しました!(シークレット価格となっていて、チェックインの時にふと他の宿泊者の金額をみたら一人12,000円、私たちはその半額近くの一人6,600円で泊まれました!)

行先は、伊豆の土肥温泉というところ。

でも、初日はあいにくの雨。

せっかく目の前にプライベートビーチが見える露天風呂が付いたお部屋でしたが、海沿いというロケーションが災いし、ひどい暴風雨で入ることが出来ず、屋根つきの貸切風呂に旦那様と入りました。

お料理は、海の幸を期待していましたが、旅館というよりはペンションという感じだったので洋食。(旦那様はちょっとガッカリしていたかな?。味は悪くなかったです。)

そして、帰りは、伊豆・三津シーパラダイスに寄ってきました。

この日は曇りで、雨は降らなかったので、イルカのショーを堪能してきました。

イルカは海を区切った湾にいて、ショーをしていないときも見ることが出来ました。

好奇心旺盛なイルカちゃんは私が手を叩くと、興味を示して、何度も来てくれました。

すっごく可愛くて、ずっと離れられず、結局ショーも同じものを2回も見ました。

ずっと見ていると、優秀な子とちょっとドンくさい!?子が判りました(笑)

ちなみに、興味を示して私に寄ってきた子は、ショーではけして優秀ではなくて、たいして芸はしないのに、優秀な子と同じタイミングでちゃっかりご褒美のお魚をお口に入れてもらっていた子だと思いました

イルカもとっても不思議な動物ですね。

こんなふうにイルカと接したのが初めてだったので、いつかドルフィンタッチとか挑戦してみたいななんて思ったりしました。

イルカちゃん1
ショーの時以外は、海が深いのでなかなか何処にいるのか判りずらいのですが、
館内放送の音楽が鳴ると浮き上がって来ていました。

イルカちゃん2
手を叩いて、おいでと声を掛けると観察するように寄って来てくれました♪
(可愛かった?

イルカのショー
トレーナーさんの指示でいろんな芸をするのが、とっても不思議でした。
(どうやって教えているんだろう!?)

富士山
一瞬だけど、雲の合間から富士山を見ることが出来ました!



※オスマンボーちゃん、お返事遅れていてごめんね。明日、改めて書きますね!(遅くなっていて、ごめんね!)






[ 2010/06/22 02:48 ] = KLC②周期 | TB(0) | CM(0)

親孝行の箱根温泉のたび

6月に入ってすぐ、実家の母と念願のふたり旅にでかけてきました。

母とは行こう行こうとずっと話していたけれど、私が仕事漬けになっていたり、旦那様に夢中?だったりして、母はたぶん私が結婚する前に行きたかったのだと思うけど、ようやく私の重い腰が上がり、行けることになりました。

母とのふたり旅は、私が以前仕事の関係で中国北京に行くときに、一緒に行ったのと、京都が好きな母と祇園祭を見に行った、たったの2回、、、今回が3回目でした。

もうホント、私が日々計画性が無いので、だいぶ待たせてしまったことに反省

本当は、シンガポールと桜の京都に行きたいとずっと言っていたんだけど、まずは私が妊娠する前の行けるときに近いところでもと

母とは、私が結婚して新居に引っ越しして落ち着いてきたころから、月に1度、上野でランチをするようになりました。

かれこれ5回目になりますが、最初は、
2月に、母の興味がある国立美術館の「土偶展」を見に行き、
3月は、長谷川等伯展と思ったらすごい混雑で諦めて、お買いもの、
4月は、叔母と従妹も一緒に、湯葉料理を食べに行き、
5月は、上野博物館の「大哺乳類展」を見ました。

親にはしてもらうばかりで、思うような親孝行はなかなか出来ていないです。

母に会うときはくれぐれも母の話をたくさん聞いてあげよう、って思いながら、心配性な母があれこれ口うるさく!?言うことに、反抗的になってしまったり、面倒がったりっと、母と別れてから後で反省することが多かったのですが、私がちゃんと聞く態度を持たないとって気持ちも改めたら、すこしは反省も少なくなってきたかな。。

いくつになっても、お嫁に行っても、心配してもらえること自体ありがたいことですよね。

最近本屋で『親が死ぬまでにしたい55のこと』という本を見つけて読んでみました。

ちょっと泣けました。参考にしたいと思って、旅行前に読み直しもしました。(本に習い、旅行中は母の昔話を聞いたり、母の自然な笑顔をたくさん写真に撮りました! すごく良かったです。)


母娘ふたり旅の行先は、母のリクエストで箱根温泉になりました。

普段父とだと車で行くことが多いので、小田急ロマンスカーに乗ってみたいとのことでした。

直前だったので、展望席は満席でしたが、新しい列車はとてもきれいでした。

宿は母が喜びそうな旅館で、露天風呂があって、食事が懐石で美味しいところにしたいと気合を入れて探しました(しかも、ネット割引があるところ!)

旅行工程も、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根海賊船に乗れるようにして、それから夕飯前の早めに箱根登山バスで旅館にチェックインできるよう、しっかりプランニングしておきました。(計画性が無い私ですが、抜かりなく気合をいれました!)

そして、待ち合わせ時間にいつも早く来る母を見越して、待ち合わせの30分先に到着して、心配症の母がチケット購入に戸惑わないように、「箱根フリーパス」を購入しておきました

母が、「食べると長生きする」と聞いて、父に買いたかった大涌谷の黒卵もばっちりゲットして、ロープウェイ・海賊船にも乗って、余裕を持って箱根を満喫しました。

箱根駅まで登山バスで戻ると、駅まで可愛い旅館専用のクラシックカーがお出迎え。

母は大変気に入り、運転手さんに話しかけて「このクラシックカーはお姫様のお籠のイメージで飾り、簾も付いているんですよ?」なんて聞き出していました。

母は旅館にも満足して、喜んでくれました。

旅館では、到着するとまず好みの色浴衣・帯・足袋靴下・洗面道具の入ったポーチを選ぶことが出来ました。

結局、旅館の浴衣も綺麗なピンクで着やすかったので、そちらで寝ましたが、ポーチもリバーシブルになっていて素敵で嬉しいギフトでした。

浴衣と帯とポーチ
母は速攻で、ブルーの浴衣で華やかな花柄のポーチを選んでいました。

一日10組程なので、仲居さんたちも、顔と名前を覚えて対応してくださるし、お風呂も良かったです。

食事が何しろとっても美味しかったです。

先付(蓬豆腐)・前菜(山水母等々)・椀・造り・凌ぎ・台の物・焼き物・酢の物・食事(ご飯・赤だし・香の物)・デザートと調理長さんのお品書きを見ながら、たのしく美味しく賞味しました。

心から「どれも美味しいね?」と母と言い合いました。

デザート
デザートは夕飯、朝ご飯それぞれに、手作りプリン、手作り杏仁豆腐と最高でした!

納豆鉢

一番のお気に入りは、朝の納豆鉢!中トロ・イカ・山芋などを混ぜて美味?!

それから、旅館特製のお菓子も抹茶菓子・よもぎ・温泉まんじゅうとオリジナルで3種類あって、どれもすごく美味しかったです。

ちなみに、2日目の朝は、母が見ていたワイドショーのニュースに驚き起きました!
瑛太&木村カエラ、デキ婚!才能溢れるまだ若い二人、うらやまし?!
瑛太&木村カエラ、デキ婚
朝食も、夕食と同じ個室で、テレビが付いていたので、想い出の一コマ!


そして、朝食後は、家のことが心配な母が早く帰りたがったので、ベコニア園だけ寄って、早めに帰ってきました。

母が父にすごく良かったって報告したら、「娘に感謝しなきゃだね」って言ってくれたって。父は何より、母を喜ばせることを一番に喜ぶ人です。

まだまだ、いや一生、両親への親孝行はしてもし尽くせませんが、両親には長生きしてもらって、これからも少しでもその気持ちを伝えていきたいと思います

次は、母が父を連れて行ってあげると良いな。

私は早く孫を抱かせてあげないと?!

おススメです。
↓楽天から予約するとビールがおまけでもらえました!ポイントも付くよ!
箱根10種の源泉湯めぐりと創作懐石
箱根湯本温泉 花紋
(←この名前で検索してみてね!)





頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!

[ 2010/06/13 20:51 ] ♪赤ちゃん待ち記録 | TB(0) | CM(3)

まさかの培養結果・・・

D18の6/9に採卵のため、旦那様とKLCに行ってきました。

旦那様にとっては、はじめての不妊専門クリニックでの採精でしたが、割と余裕だったようで、結果、きれいな成熟卵が2つ、旦那様の精子も良好との結果が出ました。

培養士さんとの面談で、「ふりかけで良いだろう」とのことで、ふりかけでの培養をお願いしました。

結果から言うと、2つとも異常受精・・・それぞれ1つの卵子に精子が2匹入ってしまったようです。

実は私は、採卵の二日前に38℃超えの高熱を出し、体調悪い中での採卵でした。


昨日、土曜日2時の予約で培養士さんとの面談をしてきましたが、昨日は熱は下がっているものの、喉に来てしまったのか、声が枯れてしまっていました。

培養士さんとの面談は、ラウンジのある9Fの問診室で、相談時間は2時からのようで、2時の予約で待つ人がたくさんいて、私は到着が遅めだったので結局3時過ぎになって名前が呼ばれました。

培養士さんはちょっと生真面目そうな雰囲気の男性でしたが、とっても親切に話をしてくれて、私の話も聞いてくれました。

説明会の時も意外に感じたように、KLCはけっこう親身に相談に乗ってくれて、今までのように早く次の患者さんにというような様子はなく、質問があればずっと聞いてくれるような姿勢が感じられます。

最初に私は、熱が下がったものの、喉に来てしまい、声がかすれ出にくいのでとお断りをしました。そうしたら、「私も説明でたくさん話して、同じように声が出にくいところありますが、気にしないでくださいね(笑)」と仰ってくださいました。

培養士さんは、まず受精の内容を説明してくれました。

通常、受精卵の中には卵子と精子の○が2つ見えるはずが、3つ見えた、とのことで、遺伝子?の数が通常23+23になるのが、23+23+23になってしまうので、培養中止になったとのことでした。

理由として一番考えられるのは、通常、精子がひとつ入ると卵は他の精子が入らないようにするのだけれど、卵のブロック力が弱かったのかもということでした。

顕微授精なら良かったのかな、とも思いましたが、前クリニックでは卵が多かったので最初から顕微を勧められて、ふりかけは試したことがなかったので、一度受精力を確認したいと思っていたので、後悔はありませんでした。

培養士さんも顕微授精の卵子を傷つける可能性や人が精子を選ぶことよりも自然に受精する精子はいわば神様が選んでくれたようなものだから、という断りがあり、そして、どんな人にもそういう周期はあるから、次回必ずしも顕微授精が必要とは言い切れない、とのことでした。

それから採卵2日前の発熱はあまり関係ないだろうとも。

おそらく自然淘汰ということなのですね。

前クリニックでも1度の採卵、計4回で7つの移植をしましたが、妊娠しなかったのも、もしかしたらそういう周期にあたったのかもしれないし、もしかしたら、体質的に卵がブロック力が弱いのかもしれないし、これは数回やってみないと判らないですね、とのことでした。

なので次回、もし卵がたくさん取れたら、半分をふりかけ、半分を顕微授精にしてもいいだろうとのことでした。

とっても親切に納得のいく説明をしてくださいました。
さずがKLCだけあって、培養士さんが患者さんとの対応に慣れていて、スマートな対応ができるのだなと感じました(培養士K島さんでした)

それから、もう4時を回っていましたが8Fに降りて、医師の診察を受けました。

説明会の時に相談に応じてくださったY崎先生でした。

開口一番「残念だったね?」。

そして私がマスクをして声を枯らしていたので、「どうしたの?風邪ひいた?」と言われたので、「発熱が治まったら喉に来てしまい」と言ったら「喉は熱が出やすいからね」と、でも採卵には問題なかっただろうと。

そして、異常受精について、精子の濃度調整が難しい、との話もしてくださいました。

濃度が濃過ぎて2つ入ってしまったり、薄過ぎて受精しなかったり、その時々のコンディションにもよるので、難しいんだよね、とのことでした。

そして、まだ若いからきっと妊娠できる卵は採れますよ、続けてやっていきましょう!と前向きなお言葉をかけてくださいました。

遺留卵胞が邪魔するといけないからと、ソフィアAを服用することになりました。


良い培養士さんと医師との前向きな話に、気持ちも明るくなりました。

次の採卵に向けて、がんばろうと思います。

そうそう、さっそく受付で請求書をもらいました。
このままではちゃんと働かなきゃ・・・って現実に引き戻されましたが、2回目からは少しは安くなるみたいなので、次こそはという気持ちで、そこも前向きに考えたいと思います。

KLC請求額
採卵・培養迄(胚移植中止)=240,000円
その他990円、採卵時の消耗品代40,000円でした


頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!



[ 2010/06/13 18:10 ] = KLC②周期 | TB(0) | CM(2)

採卵周期&氏神様のお祭り

書きたいことはたくさんあったのですが、なかなか余裕が持てず、だいぶブログをご無沙汰してしまいました。

今日は日曜日ですが、旦那様は相変わらず仕事が忙しく、月に1、2日のお休み程度。

ひとりお留守番なので、ここぞとばかり、記録にも残したいので、少し過去に遡り記事を集中して更新しようと思います。


KLCでは、前周期はタイミングでしたが、結局きっかりにリセットしてしまい、D3に受診し、セロフェンを10+3日服用。(フェマーラは卵を1つだけ大きくするので、採卵周期はセロフェンにしましょう、とのことでした。セロフェンは初めてでしたが、クロミッドと同じだそうです。)

卵胞を測定して(6/7)、旦那様が初めて一緒に病院に行っての採卵をしてきました(6/9)。卵は2つでした。

6/7の24時、25時にスプレキュアをシュシュとして、採卵前日は排卵を抑えるためのボルタレン坐薬を18時、24時に入れての採卵でした。

その後については、長くなるので、また改めて記事を書きたいと思います。



さてさて、タイトルの通り、先週の金土日は我が家の氏神様のお祭りでした。

4年に一度の神社神輿が出る年です。(2年後には町会神輿だけは出て、その間の年は昨年参加しましたが盆踊りになります!)

旦那様は子供のころからの祭好き。出逢った当初からいつも祭の話題は頻繁に出ていましたし、職場でも旦那様=祭ってイメージの人も多いようです。

7か月の赤ちゃんがいる義妹もだいぶ前から神輿担ぎたいと義両親に相談している程で、ご近所の叔母様・叔父様方も地元で育った人はやっぱり担ぎたい!って気持ちが強いらしく、下町育ちの神輿への想い入れをあらためて実感?(笑)

私にとっては想像もつかない初めてのことで、義妹の旦那ちゃんも初めての参加なので、旦那様が町会の青年部長さんに半纏を貸してもらえるようにお願いしてくれました。(町会の睦半纏を着ないと神輿は担げないんです!)

お祭り衣装は、義妹が貸してくれたのですが、私は小柄なので、義妹のだと大きくて、旦那様に連れられ、浅草寺の近くにある祭用品店で買い揃えました。

腹掛け・股引き・半纏帯、それから地下足袋はエアー入りにしました!(旦那様も以前来ていたのがきつくて着れないということで、買い直しもし、結構高くつきました?!旦那様はエアー入りの地下足袋にえらく感心してました。笑)

半纏を羽織ると見えないけれど、鯉口は、旦那様と同じ江戸一の江戸小紋菊小柄にしました。(旦那様は女の子らしい可愛いのにしても良いよと言ってくれてましたが、私はお揃いにしたかったので。でも私の菊柄はピンク

当日は、朝8時50分に神社に集合。

義妹があかちゃんを置いて、わざわざ朝早くから自転車で私の髪を結うために来てくれました。町会への寄付の御礼にもらえる町会の睦手ぬぐいを鉢巻にしてくれて、綺麗に乗せてくれました。

はじめてのお祭りスタイルにテンションが上がりました!

昼ごろには義妹夫婦も参加して、私も神社の大神輿を担ぐことができました。(ふんどし姿の激しい猛者という感じの担ぎ手さんの間に入ると、とても神輿には届かず、つかまる程度でしたが、楽しかったです。)


実は、お祭りまでのブログを書いていなかった時期、やっぱり私は、毎日のように赤ちゃんを連れてきて、義両親の居間で昼寝したり、手伝いもせずご飯を食べて帰る義妹にモヤモヤしている日々が続いていました。

旦那様にそれを打ち明けたりもしました。自分が中心にいたい的なワガママさを子供なんだろうと、話したりしましたが、だけど結局、当然に義両親も孫を連れて来ることを望んでいる(お義父さんは孫にメロメロで、義妹が昼寝をすると抱っこ紐を着けて嬉しそうに孫を抱っこしているし、お義母さんも義妹に手伝ってほしいとは思っていないし、やってあげることに悦びを感じる人だから)から、私自身が頭を切り替えないとと思いつつ、モヤモヤとなっていました。


でも、お祭りを通じて、義妹と初めて一緒に長い時間を過ごし、元々義妹の明るく人懐っこい性格は可愛くて良いと思っていたことはあったので、今回、子供的なワガママさもその明るい人懐っこさと表裏一体とすんなり受け入れれるようになって、一緒に過ごすことでワダカマリも解くことができました。

義妹も少なからず、私のことが気掛かりであったと思うので余計、義妹が私に気を遣ってくれていたと感じました。

義妹は、お祭りが初めてな私を楽しませようと、一生懸命に私が神輿を担げるように場所を確保してくれたり、義妹が担ぐとその前に私が入れと手招きして入れてくれたり、義妹のお陰でたくさん神輿を担ぐことができました。

祭好きな自分が楽しむよりも私に気を遣ってくれていたのが、とてもありがたく、義妹が可愛い存在に感じ、とても嬉しく楽しい時間で、涙がでるような気持でした。

お義母さんから、義妹もとても楽しかったと、喜んでいたと聞きました。

それから、義妹の赤ちゃんを旦那様が神輿に乗せてあげたのを義妹はすごく喜んでいたようです。

義妹と旦那様は前日に電話で、半纏のことでケンカみたいになっていたので(江戸っ子同士という感じもあるかな?、私と義妹のことを日々話していたので、旦那様の怒りの沸点も低くなっていたかも・・・)、お兄ちゃんが自分の子供を抱っこして神輿に乗せてくれたのが嬉しかったんだと思います。

お祭りはやっぱり子供がいる家庭には、また違った意味で楽しみなイベントでもあります。

子供神輿には、後ろにぞろぞろと子供連れの人が続いて歩いていて、おじいちゃんおばあちゃんに手をひかれている子がいたり、半纏を着ながらバギーを押しているママたちがいたり、知らない人同士でに赤ちゃん披露をして交流を広げている人もいました。

やっぱり、私にも子供がいたら良かったのにな?、そしたらイベント見物が好きな実家の両親も呼んであげれるのにな、、、でも次は4年後か・・・なんて思うこともありました。

義妹の赤ちゃんはとっても可愛いです。
義妹も可愛い顔をしているし、何より私の大好きな旦那様にも似ているから余計に可愛く感じます。

ましてや、義妹にも言われますが、その甥っ子ちゃんは私をじ?っと見てくることが多くて、そして目が合うといっつもニコニコしてくれます。(モヤモヤしている自分が残念に感じるほど、赤ちゃんは純粋で美しい存在ですネ。)

旦那様に似た赤ちゃんが欲しいと思っている私はずっと、甥っ子ちゃんが旦那様に似ていくことは、哀しさというのかな、、、ずっと恐怖感もありました。

でも、氏神様のお祭りを機に、義妹と打ち解けることが出来て、もう本当に心から義妹の子供も家族としてかわいがってあげたいと思えるようになりました。(何度も落ち込んだり、立ち直ったり、ここまで結構かかっちゃいました?。今回が一番深かったかな・・・でも、私の心から発した悩み事だったと思います。)

心機一転、また妊活がんばるぞ?

祭



頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!



[ 2010/06/13 16:34 ] = KLC②周期 | TB(0) | CM(2)

天使になったひと・・・

本日、D24です。

KLC?周期目は、タイミングということで、高温期の薬もなしなので、ストレスフリーで過ごしています。

今週初めには、ブロ友のオスマンボーちゃんと東京駅でランチデートして、楽しくおしゃべりして、ちゃんと妊娠菌もいただきました。

あ、でも、一昨日に中国製の早期妊娠検査薬をやってみたけど、真っ白だったよ。(早すぎ!?)

KLCの次の診察日は、生理が来たらD3、生理が来なかったら、5/27の予定です。

なんとなくシクシク感があったり、生理のような違和感があったりを感じる時もあったりするけど、これまでの経験上、まったく当てにならないな?と思うので、言われた期日まではあまり考えずに過ごしたいと思います。


さて、今日はタイトルにあるように、私の心にずっと残っているもう15年以上も前に亡くなった同級生のことを書きたいと思いました。

その子は、同級生の男の子、Kちゃんです。

彼は、突然に天国へ旅立ってしまいました。交通事故でした。

中学3年生で同じクラスになり、卒業して、大学時代に偶然、地元の電車で会いました。

Kちゃんは、一浪をして、その翌年にも受験に失敗して、ビジネス系の専門学校生になっていました。

私は中学時代からKちゃんには好意はありましたが、実は私の親友がKちゃんのことが好きだったので、私は淡い気持ち以上には想ってはいませんでした。

当時は、Kちゃんにも片思いしている子がいて、優等生の女の子でした。
でも、その子にも片思いしている子がいて。
結局、私たちのクラスでは、付き合っているっていうような子はいなかったかな。

Kちゃんと偶然会った時には、もう卒業してずいぶん経っていたころなので、1年半ぶりって位だったのでしょうか。久しぶりでした。

そうそう、私は一度短大を卒業して、社会人になってから大学3年次編入という経歴なのですが、当時は短大2年で、就職活動をしていました。

どうしても証券会社に入りたくて就活していた私は、たまたま彼のお父さんが証券マンだったので、「縁故入社とか出来ないかな?(笑)」なんて相談して、彼も「聞いてみるよ!」なんて言ってくれました。

その後、近く彼が専門学校の旅行でハワイに行くという話になって、「お土産買ってきて」って言ったら、「良いよ!」となどと話をして、1つ先の彼が降りる駅に到着し、さよならをしました。

それから私は彼のことが気になって、でもまた電車で偶然に!?なんてことはなかなかあることではなく、一度話がしたいと彼の家に電話をかけたことがありました。

でも彼は留守で、「折り返しさせましょうか?」とか言われたと思うけど、何か変に意識されてしまってはいけないと、「たいしたことないので」と言って電話を切った気がします。2度目は掛けませんでした。

そんなことがありました・・・



それから、ずいぶん経った頃に、ずっと会っていなかった同級生の男の子から電話があって、いきなり「Kが死んじゃった」と。ホント突然に。。

信じられないし、可哀想で、悲しくて、居たたまれず、母に頼んで車でKちゃんのお家まで行きました。

初めて行ったKちゃんのお家には、おじいちゃんとおばあちゃんがいました。

お二人ともに気丈にされていて、まだKちゃんが亡くなったとは信じられないようでした。

Kちゃんは棺に納められていて、顔を見ると、以前よりずいぶん太ったのかなと思うほどパンパンでしたが、おじいちゃんから、トラックに轢かれ、ちょうどサイドミラーが頭に当たり、腫れてしまったようだと聞いて驚きました。

Kちゃんは教習場に通っていて、たまたまキャンセル待ちが取れたようで、急いで自転車で教習場に向かっていた途中だったそうです。

後から聞いた話、現場はKちゃん家のすぐそば。
普段用心して自転車に乗るKちゃんがたまたま急いでいて、轢いたトラックの運転手もたまたま普段通らず慣れないKちゃんの家の近くの路地を通ったための事故だったそうです。

棺の中のKちゃんは、頭にぐるぐるに包帯が巻かれていて、顔もパンパンになる程に腫れていて、すごくすごく痛かっただろうって可哀想でならなかったです。


そして翌日、私は友人たちとお通夜・告別式に参列しました。

Kちゃんの棺にお別れのお花を手向けていた時、卒業以来会っていなかった女の子の同級生と隣になりました。その子は、Kちゃんと近所でした。

その時に彼女が、「Kちゃんは彼女いなかったのかね・・・?」と話し始めました。

そして、実はね、と...
「もうだいぶ前の話だけど、Kちゃんとたまたま会って話してたら、「シャネルの香水いる?」って言われたんだ。それで、「どうして?」って聞いたら、「好きな子がいて、その子にハワイのお土産を買ってくる約束をして、買ってきたんだけど、渡せなくなっちゃって、俺が持っていてもしょうがないから、お前が使うならあげる」って言われたんだ。でも、そんなのもらえないじゃない。だから、「もらえないよ」って話したんだ。」と。

え!?ってすごく動揺しました。彼女には言えなかったけど、私のことだったのかなと思えました。

普段なかなか話すことがない彼女から、たまたま聞かされた話。
Kちゃんが伝えてくれたのかな。

Kちゃんにはずっと彼女がいなかったと思います。たぶん一度も。

彼の弟が葬儀の時に、「兄貴って女気が無かったんですが、彼女もいなかったんですかね?」って誰かに聞いていましたから、たぶんそうだと思います。

私は、葬儀の際、友人席では一番先頭に、心の中では恋人だったように思いながら座りました。


それから初七日にまた彼のお家にお参りに行って。

お父さんお母さんがいらして、おじいちゃんおばあちゃんもいる中、私は偶然電車で会った時のこと、以前一度電話したこと、証券会社の就職のこと、等々、私が知っている彼の話をしました。そして、実はと、彼女から聞いた香水の話もしました。

一度掛けた電話のことはお母さんが覚えていて、あの子は折り返し電話するような子じゃないからね、たまたま電話に出れていたら良かったのに。。なんて、言ってくれました。

そして、あの子には彼女がいなかったから、そう思ってくれた人がいて嬉しいわと言ってもらえました。貴女みたいな子が彼女になってくれていたら良かったのにね、とも。

香水の話は、心当たりが無いみたいでしたが、お父さんから「少し前にKが珍しく話してきて、証券会社の仕事のことを尋ねて「俺も証券会社に入れるかな?」なんて言ってたことがあったんだけど、貴女の影響だったんだね。」と話してくれました。

彼氏の家族と仲良くなれたような嬉しい気がしましたが、肝心なKちゃんだけがもういないのだから、とても残念で、ご家族も私も名残惜しく、お別れをしました。



それから数日して、帰宅した私に母が「Kちゃんのお母さんが来て、これ預かったよ」と袋をもらいました。

中には、シャネルの香水が入っていたんです。

Kちゃんのお母さんに電話で御礼を言って、事情を聞くと、Kちゃんの部屋を片付けていたら、「テレビ台の奥に隠すようにしまってあったのよ」とのことでした。

「きっと貴女に渡したかったのだから、良かったらもらって。」と。

女の子と付き合ったことがないKちゃんが考えた女の子が喜びそうなお土産=「シャネルの香水#5」だったのかな。愛しい贈り物でした。

Kちゃんの香水は今でもお守りとして、持っています。
お嫁入りにも持ってきました。

Kちゃんは、無垢なまま、とても純粋なまま天国に旅立ちました。今では天使みたいだったと感じる人柄のKちゃんは、きっと天国に近い存在の人だったのかなって思うこともあります。

私は今、結婚をして、とても幸せに過ごせています。
だから、「見守っていてね」って話しかけることがよくあります。

そして、私はやっぱり来世でも今の旦那様とは離れたくないので、Kちゃんに「私の子供になってまた生まれ変わってきたら良いのに、そしたら、たくさん愛情を注いであげるよ」って話します。

でも、Kちゃんは生まれ変わる必要が無いくらい高層な天国の世界にいるのかもしれないな、なんて思ったり。

きっと想いだけは伝わってくれたらと、いつも忘れないよって思っています。



(私の長い昔話に付き合ってくれて、ありがとうございました。)


頑張っている皆なのところに‘早く’‘ちゃんと’赤ちゃんが来てくれますように!


励みになるので、良かったら応援ポチっとお願いします!!


祭り好きの旦那様はお仕事だけど、今日は三社祭だよ!
[ 2010/05/15 15:53 ] = KLC①周期 | TB(0) | CM(5)
ご訪問嬉しいです!
プロフィール

ひと

Author:ひと
35歳、多嚢胞性卵巣(PCO)のベビ待ちです。
転院してKLCに通院中です。年齢を気にして、入籍前から不妊治療を開始しました。治療歴は2年半。
気持ちの共有できるブロ友さんができたらいいな。同じくKLCに通っている人や近くの人がいらっしゃったら、お近づきになれたりしたら嬉しいです。よろしくお願いします。

ピグもやってます!
よかったら声を掛けてね♪
ID:hitodachs

※アダルト系の勧誘や宣伝などの書込みはどうぞご遠慮ください。

記念日
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
メールもよかったら♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロともになってね★(申請)
QRコード
QRコード
ブログランキング
愛犬ダックス


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。